【わきが臭の原因と肌の乾燥】わきがクリームの成分とその安全性

わきが臭が原因で、対人関係が積極的になれない、子供への遺伝が心配など、様々な問題を抱えている方も多くいます。わきが解決の手段として手術がありますが、高額な上にリスクも大きくそこまで思い切れない、と諦めている方もいるのではないでしょうか。

そんなわきがでお悩みの方たちに近年、強い支持を受けているのが「わきがクリーム」です。

スメハラの恐怖とこれからの臭い対策について

現代は「スメルハラスメント」なる言葉もあるように、臭いに対しての関心が高い時代でもあります。

そもそもわきが体質と臭いの原因汗にはエクリン汗腺と、アボクリン汗腺から出る2種類の汗があります。エクリン汗腺から出る汗の成分は99%が水分で、残りの1%は尿素やアンモニア、塩化ナトリウムなどです。

体温を調節するための汗で、一般的な汗臭い汗です。アボクリン汗腺から排出される汗には、脂質やタンパク質が含まれており、この汗がわきが臭の原因菌のエサになります。

皮膚に常在している菌は、汗の成分をエサに増殖していきます。この菌はアボクリン汗腺から出る汗の脂質やタンパク質が大好物で、この成分を分解する際に発生する臭いがわきが臭なのです。わきが体質は、このアボクリン汗腺の量や大きさが遺伝によって生まれつき決まっており、その数は生涯増減することはありません。

つまり、わきが体質は一生付き合っていかなければならないものなのです。

肌の乾燥がさらにわきが臭を強める訳とは

わきが臭の原因がアボクリン汗腺から出る汗だということがわかりましたが、ではどのようにして臭いを防いでいけばよいのでしょう?汗の量が多ければ多いほど、わきが菌は大喜び、どんどん増えていきます。

そのため、わきが臭を抑えるためには、アボクリン汗腺のバランスと、菌の増殖がポイントになってきます。汗のバランス調整には、肌の乾燥状態はとても重要です。

肌は乾燥すると保湿機能が働き、皮脂をたくさん出します。皮脂が分泌されると汗の量が増えるため肌表面は湿りますが、実際には水分が不足しているインナードライの状態になります。皮脂が過剰分泌すると、その汗を好むわきが菌は増殖、更に臭いが強くなるのです。

「わきがクリーム」は、そんな肌を乾燥から守ってくれるだけでなく、余分な汗や皮脂を押さえる効果もあります。

汗を抑えるだけであれば、一般的な制汗スプレーでも構いませんが、それでは肌の乾燥を防ぐことはできません。

一時的に汗を抑えることができても、残念ながら根本的な原因解決にはならないのです。肌の保湿が制汗効果に繋がるのであれば、肌に塗るクリームには高い保湿効果が期待できると言えますね。

自分の臭いはどの程度?

わきがクリームの選び方わきがクリームを購入する時に大切なのは、自分に合ったクリームを見分けることです。

自分のわきがの状態(軽~重症)や肌タイプ(敏感肌など)を参考に選びましょう。

わきがクリームを購入するならドラッグストアと通販サイトどちらがお得か?

現在、わきがクリームには、ドラッグストアで売られているものと、ネット通販のみで販売されているものがあります。

ドラッグストアで売られているわきがクリームは比較的安価で、1本500円~1,000円前後ですが、一方のネット通販のわきがクリームは、1本5,000円前後とかなり高額になります。同じわきがクリームなのに、随分と価格に差がありますよね。

そもそもドラッグストアで販売されているわきがクリームは、制汗剤としての効果をメインに開発されたものなので、殺菌や消臭力には欠けるという点があります。

一般者に向けて、万人受けされるように作られている商品だからです。対してネット通販のわきがクリームは、わきがに特化し開発された専用商品なので、製造工程もプロセスが根本的に異なります。

そのため高額ではありますが、殺菌・消臭力・持続力すべてにおいて、ドラッグストアで販売されているものより優れているのです。
わきがではなく、一般的な汗臭さや体臭が気になる方であれば、ドラッグストアで販売されているわきがクリームでも十分効果を実感できるはずです。わきがであっても軽症であれば、こちらも市販のわきがクリームでも臭い対策は可能です。

しかし、わきがの程度が中~重症の人の場合は、市販商品で臭いを防ぐのには限界があるでしょう。わきが臭は一般的な体臭とは異なる刺激臭です。その臭いを一日中ブロックするとなると、強力な殺菌・消臭力に加え、より強力な持続力が必要になってくるからです。

制汗と殺菌効果が高いわきがクリームを選ぶ

普通の体臭なのか?

ちょっと強めの臭いなのか?

わきが臭を含めて使う人の臭いレベルに合わせた商品を選びたいものですね。わきがクリームってどんな成分が含まれているの?わきがクリームの消臭効果には、制汗と殺菌効果も含まれています。

アロエエキスやオウゴンエキスなどの食物エキスに加え、海草エキスなど保湿成分が含まれているものが多く、それらは制汗に高い効果があります。殺菌効果にはミョウバンが多く使用されています。

ミョウバンは水に溶かすと酸性になる性質を持ち、わきが菌と言われている皮膚の常在菌の働きを抑える力があるのです。消臭効果には、緑茶エキスや柿渋エキスがあります。緑茶エキスには抗酸化、抗菌作用のある茶カテキンが含まれており、臭い成分を分解するのに役立ちます。

柿渋エキスに含まれる柿タンニンは、茶カテキンよりさらに抗酸化、抗菌作用が高く、殺菌作用もあります。これらの成分は、私たちが古来から長く愛用してきたものであり、わきがクリームにはこういった天然由来の成分が含まれているものが多いのです。消臭に欠かせない成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛があります。

これはデオドラント商品、わきがクリームには基本的に配合されています。パラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗の効果を持つ収れん剤として使われています。皮膚や粘膜のタンパク質と結合して皮膜を作る効果があり、止血や鎮痛、防腐など医薬品にも使用されているのです。

わきがクリームにおいては、汗の出所である汗腺に対して、制汗効果を発揮します。汗の中に含まれるタンパク質と凝固物を作り、汗腺の出口を塞ぐことで汗を防ぐだけでなく、臭い予防にも高い効果があるのです。パラフェノールスルホン酸亜鉛は、基本的には刺激の少ない成分として知られています。

わきがクリームの配合量についても、厚生労働省が定めている量を超えるものは国内には出回っていません。お子さんも使える無添加処方のわきがクリーム殺菌・消臭力に優れたわきがクリームですが、肌への刺激が心配ですよね。

肌に合わなければ使用するのをすぐにやめる事

現在は、遺伝や欧米化された食生活などが原因で、小学生の頃からわきが臭に悩んでいる子供もいます。そのため、お子さんにも使用できるわきがクリームもネット販売されているのです。

無着色、バラベンフリー、動物性原料フリー、紫外線吸収剤フリー、タール系色素フリーなど無添加にこだわった製品は、乾燥肌や敏感肌、そしてお子さんも安心して使用することができます。こういったことからも、わきがクリームの効果、その安全性の高さがおわかりいただけるのではないでしょうか。

どんなに効果が高くても、肌に合わなければ使用することはできないので、購入前には成分表をよく見て、自分に合わない成分が入っていないかチェックするのも大切ですね。

今、わきが臭で悩んでいる方、一度わきがクリームを使ってみてはいかがですか。

以上、【わきが臭の原因と肌の乾燥】わきがクリームの成分とその安全性…でした。

デオトラントグッズでわきがケア

PAGETOP
Copyright © びしゅうらぶ All Rights Reserved.