びしゅうらぶ

同僚から渡された消臭グッズによって、自分がわきがだということに気づき、同時に社内では嫌われた存在だったということが分かりました。わきがの臭いが常に気になる生活に追い込まれていきましたが、そのうちわきがと上手く付き合うことを考えるようになりました。

わきがにより社内ではいじめられる空気の存在になった

わきがだと気づいた時には嫌われていた私がわきがかもしれないと気づいた時は、会社のロッカールームで着替えをしていた時でした。男子のロッカールームは臭いが臭いのは当然だという認識から、臭くてもあまり気にしていませんでした。

ある時同僚が数人で着替えている所に出くわした時に、私は後で着替えるように言われました。

ロッカールームが狭いのが理由だと思っていたのですが、入れ替わる時にさり気なく消臭スプレーを渡されました。何も考えずに受け取りましたが、後日その同僚からあまり効果が無かったなと言われた時に、自分がわきがかもしれないと気づいたのです。

わきがになると同僚と着替えをするのが段々怖くなる

良く考えてみたら他の同僚と一緒に着替えたことがなく、常に一人で着替えをしていたことが頭をよぎりました。気づいてからは臭いを気にしながら生活わきがかもしないと思うと、急に自分の臭いが気になりだしました。汗をかいた時には自分でも汗臭いと思っていましたが、それが当たり前だと思っていたのです。

脇の臭いは気にしていませんでしたが、一度気になるとどんどん気になりだし、どうすればいいか悩むようになってしまったのです。仕事柄どうしても汗はかきますし、冬でも汗だくになることもあります。とにかく汗をかかないように気をつけるようにしましたが、自分で臭いを嗅いでみても明らかに臭いと分かりました。

消臭グッズでわきがのニオイを消せるのか試してみる

わきがの臭いを消すためのグッズを試してみる市販で売っている消臭グッズをつければ、わきがは改善できると思いました。早速わきがの消臭グッズを購入し、毎日使用するようになったのです。消臭スプレーや消臭クリームをつけていますし、ボディーソープも微香料の物を使ってわきがの臭いを消そうとしました。

シャワーを浴びた後は臭いは当然ありませんが、仕事中が終わった後はわきがの臭いがしていました。仕事中もわきがの事が気になるので、なるべく汗をかかないようにするなど、気を遣いながらの仕事をするようになってしまったのです。

仕事の効率も悪くなってしまいましたし、何より仕事に集中できなくなってしまいました。まわりの同僚にも助けを求めることはできないので、一人でどうやって解決させるか悩むようになっていったのです。

対人恐怖症にまで陥りそうな現状を打破できる

わきがが怖くて対人恐怖症になってしまったわきがの臭いを消す商品を使っても、臭いを改善させることは難しいことが分かりました。確かに臭いが軽減されたように感じましたが、臭いを消すことは難しいものです。

わきがが気になってしまし、人に近付くのが怖くなっていきました。幸い一人で作業することが多かったのですが、それでも人は接しなければなりません。職場以外でも街で歩いている時に人とすれ違うだけで、臭いと思われていないか不安になります。人ごみや満員電車を避けるようになるし、人と接することがだんだんと怖くなっていきました。

職場では直接的ないじめよりも、精神的ないじめを受けていました。人のことを無視したり空気のように扱われていましたが、その方が気楽でいいとさえ思うくらい追い込まれていったのです。

結局は自分で意識して脇を清潔にすることが大切自分のわきがの臭いを消すことは難しくても、しっかりとケアをすれば臭いを軽減させることはできます。臭いの事ばかり気にしても何もできないので、わきがだと思われても良いという開きなった考え方に変えました。

もちろんしっかりとケアをするために、朝と夜の2回シャワーを浴びて常に脇を清潔にするようになりました。消臭グッズも活用していますし、汗をかいたらすぐに拭き取るためにタオルを持参するようになりました。

それからはわきがの臭いも軽減させることができましたし、自分自身もわきがに悩むというよりは、いかに上手く付き合っていくかということを考えるようになりました。

以上、わきがにより社内ではいじめられる空気の存在になった…でした。


投稿日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.