わきがのときはポリエステル素材の衣服に注意が必要!

衣類の繊維は植物性の繊維、動物性の繊維、化学繊維と様々衣類の素材には植物性の繊維、動物性の繊維、化学繊維と大まかに分けて3種類あります。植物性の繊維は綿や麻など、動物性の繊維は絹や羊毛、アンゴラ、カシミヤなど、化学繊維にはレーヨンやポリエステルなどがあります。素材によってメリットデメリットが異なります。

綿は肌さわりが良い、通気性や吸水性に優れているなどのメリットがあります。その代わりに縮みやすくしわになり易いなどのデメリットがあります。麻は通気性に優れている、夏に着用すると涼しいなどのメリットがある反面、しわになり易い、保湿性はあまり良くないなどのデメリットがあります。

なぜポリエステル素材の衣類だとわきがの臭いが出やすいのかわきがに悩んでいる人の場合、特に注意したいのがポリエステル素材の衣類です。ポリエステルにはしわになりにくい、速乾性があると言うメリットがあるものの、通気性や吸水性はあまり良くない、汚れが落ちにくいと言うデメリットがあります。

汗の成分に雑菌が繁殖することでわきがの嫌な臭いが発生します。通気性や吸水性が悪いと汗が蒸発せずに中にこもってしまい、雑菌にとっては都合の良い環境となるのです。

わきがには軽度から中度、重度まで個人差がありますが、ポリエステル素材の衣類を長時間着用していると軽度な人でも臭いがきつくなりかねないです。

わきがに悩まされているときに選びたい衣類の素材は?

わきがの臭いに悩まされている人はなるべくポリエステル素材の衣類は避け、通気性や吸水性に優れている綿素材の衣類を選びたいところです。綿100%のワイシャツだとしわになり易いため、アイロンがけが面倒になることがありました。

そんなときは綿100%の形状記憶ワイシャツを選ぶと言う方法があります。綿の優れた通気性や吸水性はそのままながら、しわになり易いと言うデメリットを解消しています。

もしポリエステル素材のYシャツしか無いと言う場合は中に着用するアンダーウェアの素材に着目して下さい。登山用のアンダーウェアは通気性や吸水性に優れている素材を使用するものが多いです。

さらに抗菌や防臭力を持っている素材を採用するアンダーウェアもあり、わきがの臭い対策にも使えます。ホワイトのTシャツもあるため、仕事で必要なYシャツの中に着用しても見た目の違和感は殆ど無いです。

衣類に染みついたわきがの臭いを取るにはどうする?

わきがの臭いが衣類に染みつくと洗っても中々取れないことがありました。特にポリエステル素材だと汚れが落ちにくいため、わきがの臭いを落とすのが大変です。

そんなときは酸素系漂白剤を使用すると言う方法があります。40度ほどのお湯に酸素系漂白剤を入れ、臭いが染みついたわきの部分を浸し、そのままつけ置き洗いするだけと簡単です。時間が経つとお湯の温度が下がるために一定時間経ったらお湯を足すと良いです。

塩素系漂白剤と違い、色物衣類でも使用することが可能です。その代わりに漂白力は落ちますが、その分衣類には優しいです。

以上、わきがのときはポリエステル素材の衣服に注意が必要!…でした。

デオトラントグッズでわきがケア

PAGETOP
Copyright © びしゅうらぶ All Rights Reserved.