びしゅうらぶ

ワキガの場合はなかなか普通の洗剤で洗うだけでは臭いや黄ばみが落ちないものです。ワキガの人の衣類を洗濯する時に、どのようなことに気をつけたら良いのかというポイントについて紹介していくので参考にしてください。

わきがの人向けの洗剤はどのようなものを使ったら良いの?

わきがの人の衣類を洗濯する時ですが、臭いと黄ばみを落とすためにはいくつかのポイントがあります。
ではどういったことに気をつけて、洗濯をしたら良いのでしょうか?つけ置きをして臭いを消すわきがの臭いが染みついた服は、そのまま洗濯機に入れて他の衣類と一緒に回しても、なかなかその臭いや黄ばみが落ちることはありません。
大事なことはわきがの臭いや黄ばみが付いた服は、つけ置きをする時間をとることが大事です。
つけ置きというと事前につけ置きをすることを想像する人が多いですが、実はわきがの臭いや黄ばみに対しては普通に選択した後につけ置きをする方が効果的なのです。
時間にして1~2時間つけ置きをして、その後十分にすすぎをして乾燥させるという方法がおすすめです。

つけ置きの際には何を使ったら良いの?

では何につけ置きをするかということですが、酸素系漂白剤をお勧めします。
具体的にはワイドハイターなどがこれに当てはまります。
酸素系漂白剤を40℃ぐらいのぬるま湯に溶かして、衣類をつけるということをします。
なかなかこれでも臭いや黄ばみがどれないという場合には、ワイドハイターを希釈せずにそのまま臭いや黄ばみが気になる部分につけておき、少し時間が経ってからすすぐということをやってみましょう。
同じワイドハイターでもEXの方は、直接につけるのはNGとされているので、購入する際に使い方の説明をしっかりと読むことが大事になります。

洗濯をする時のわきが洗剤は何が良いの?

わきがの衣類を洗う際に大事なのは消臭効果がある洗剤を使うことになってきます。
その為に大事なのは、わきがを洗う際の洗剤はアルカリ性のタイプの洗剤を使うこととなってきます。
洗剤には液体洗剤と粉末洗剤があり、人によってどちらが使いやすいかということには個人差があるでしょう。
液体洗剤の人がアルカリ性タイプを使いたい場合には、商品名ではアタックネオなどがアルカリ性に該当します。
粉末洗剤の場合はほとんどがアルカリ性の物ばかりなのですが、購入する際にアルカリ性の洗剤かどうかということをしっかりと確認しておきましょう。
漂白剤のつけ置きをした後にアルカリ性の洗剤を使うことによって、わきが臭や黄ばみが消せる効果が期待できます。
洗濯での苦労を防ぐために臭い対策をしっかりとわきがの臭いや黄ばみがついてしまっても、このように洗濯によって色や臭いを落とすことができるのですが、なかなか手間がかかりますし大変ということがお分かり頂けたと思います。
わきが臭や黄ばみが衣類に付いてしまうのを防止することに気をつけて過ごすことも大事になってきます。

アルカリ性の洗剤でわきが臭を消し去る

効果的な方法としては、わきが用の制汗グッズを使用することです。
市販で売られている一般的な制汗剤などはわきがへの効果が弱く、臭いなどを防ぐことが大きく期待できません。
わきが用のスプレー、クリームなどを使って、脇汗の臭い、黄ばみにしっかりと対策しておくことで、洗濯の手間が減らせることになります。
わきがの臭いがついたり、黄ばみがついてしまった衣類の洗濯方法がお分かり頂けたでしょうか?アルカリ性タイプの洗剤を使用して洗濯をする、その後酸素系漂白剤につけ置きをする、それをきれいにすすいでから脱水をして干すという流れがおすすめです。
わきが洗剤はアルカリ性を選ぶということは、大きなポイントとなってきます。

以上、わきがの人向けの洗剤はどのようなものを使ったら良いの?…でした。


投稿日:2017年1月20日 更新日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.