びしゅうらぶ

わきがの臭いがなぜクリーニングで落ちないのか、その理由を説明しています。わきがの臭いを落とす方法の、その具体的な手順を紹介しています。また、わきがの臭いを落とすのにおすすめの洗剤・漂白剤も紹介しています。

わきがの臭いがクリーニングでは落ちない理由とは?

わきがはその臭いが困りもので、洋服に臭いが付いてしまって中々落ちないという事が頻繁に起こります。わきがの臭いを落とそうとクリーニングに出しても、プロの手をもってしても臭いが落ちてないという事が度々ありますよね。

なぜ、わきがの臭いはクリーニングで落ちないのか?その理由と、わきがの臭いを服から落とすおすすめの方法をご紹介します。

クリーニングでわきがの臭いが落ちない理由とは?

プロが行っているクリーニングでも、なぜわきがの臭いが落ちないのか?それは、「ドライクリーニング」で洋服を洗っているからです。スーツなどを洗う時に使われるドライクリーニングは、型崩れせずに洋服が洗えるという特徴があります。その代わり、臭いや汗の汚れが落ちにくいという欠点も抱えています。

クリーニング店ではドライクリーニングをしているお店が多いため、わきがの臭いが中々落ちないというわけです。特に蒸れてわきがが発生しやすいスーツなどはドライクリーニング指定の服が大半なので、クリーニング店でスーツのわきが臭は落ちないと考えていいと思います。

わきがの臭いをドライクリーニングで落とす方法はあるの?

ドライクリーニングがわきがの臭いが落ちにくいというだけで、わきが自体は対策を取れば臭いも普通に落ちます。まず、自宅で水洗いをすれば、わきがの臭いはある程度落とすことができます。自宅の水洗いはやり方さえ覚えれば、一番簡単で手っ取り早くできるわきが臭を落とす方法です。

また、自宅での水洗い以外には、クリーニング店で頼むという方法もあります。今のクリーニング店はわきがの消臭を行ってくれるお店もあるので、そこを利用すればプロがわきがの臭いを落としてくれます。ただし、ドライクリーニング指定の服は扱っていないクリーニング店もあるので、スーツの消臭を頼みたい場合は注意しましょう。

わきがの臭いを落とすのにおすすめの洗剤はありますか?

わきがの臭いがついた服を自宅で洗濯する場合、おすすめなのは酸素系漂白剤です。漂白剤と言えば色を落とす効果を持つとして有名ですが、実は消臭効果も持ち合わせているんです。

その為、上手く使えば色を落とさずにわきがの臭いだけを落とすことができます。また、わきがの臭いが軽度ならばセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

掃除にもよく使われているセスキ炭酸ソーダは、漂白剤よりも効果は落ちるものの消臭効果も持っています。洗濯機にわきが臭の服と共に入れるだけで臭いが落ちるので、軽度ならば手軽にできるセスキ炭酸ソーダを利用しましょう。

わきがの臭いを自分自身の洗濯でで落とすやり方とは?

わきがの服を自分で洗う場合、基本的には自分の手で水洗いを行うことになります。その手順としては、まずは大きなタライや洗濯機に水または温いお湯と酸素系の漂白剤を入れます。

そして、服の臭いが気になる部分に、同じく酸素系の漂白剤を塗ります。そのまま服を洗濯機に入れ、30分ほど放置します。時間がたったら服を取り出し、軽くすすいで脱水後に服を干してください。この手順を何度か繰り返せば、少しずつ臭いも落ちていくはずです。

この方法でも臭いが落ちない場合の最終手段として、漂白剤の中に服をつけておくというやり方もあります。この方法だと臭いも落ちやすくなりますが、色落ちもしやすくなりますので、それをよく理解してから実行してくださいね。

わきががなぜクリーニングでは落ちないのか、その理由やおすすめの洗濯法についてご紹介しました。基本的にわきがの消臭サービスを行っているお店でもない限り、クリーニング店でわきがの臭いを落とすのは難しいです。

服の脇の臭いで悩んでいるのなら手洗いが一番簡単なので、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。


投稿日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.