わきがや多汗症などレーザー治療の症例実績が25万例以上というクリニックの名医の治療法とは?

はじめにわきがは、単なる体質で片付けられない深刻なものもあり、医学用語で腋臭症という病名で呼ばれる疾患です。

市販の制汗剤や消臭剤で対処できる軽症のわきがならともかく、例えばわきがの余りの強烈さに職場を去らざるを得ない程度になると、専門の美容皮膚科で本格的な治療を受ける必要があります。

そんな中、わきがや多汗症など、レーザー治療で症例数が25万例を超えるという、世界的にも最大規模の実績を誇っているクリニックがあります。そこでは、どのような治療が受けられるのでしょうか?

わきが以外にも豊富な種類のメディカルケアが存在する

シロノクリニックはこんなクリニックそのクリニックとは、レーザー治療を専門に行う美容皮膚科のシロノクリニックです。

東京では恵比寿、銀座、池袋、そのほかにも横浜、大阪で開院しています。いずれのクリニックでも、わきが・多汗症の治療を受けることができます。

わきがだけでなく、シミやシワ、ニキビといった症状やエイジングケア、傷跡やケロイドの治療、医療レーザー脱毛、タトゥー除去、メディカルダイエット、薄毛・抜け毛ケア、豊胸も手掛けています。

注入療法も行っていて、ボトックス、ヒアルロン酸、ベビーコラーゲンの注入などを行っています。

多汗症はわきがとは別物、しかしわきがと併発することが多い症状このクリニックでは、わきがと多汗症をひとくくりにして治療を提供していますが、それは、多汗症がわきがとは別の症状ではあるものの、両方が併発しているケースが多いからです。

わきがの臭いの元を断ち切ってくれるクリニック

実際、来院する患者さん自身、両方を混同してどちらのこともわきがと思っている場合が多いと言います。汗の臭いよりもむしろ、服にシミができてしまう程の発汗量の多さを訴えて来院する患者さんも多く、その場合は多汗症なのですが、わきがと多汗症とが合併しているケースも多いのです。

汗は汗腺から分泌されますが、汗腺にも大汗腺と言われるアポクリン腺と、小汗腺と言われるエクリン腺とがあり、わきがの臭いの元はアポクリン腺の方です。その汗自体はほぼ無臭なのですが、皮膚の常在菌に分解されることで強く臭うようになるのです。

わきがには、レーザー治療がおすすめわきがの元になるのは、アポクリン腺から分泌される汗が含む脂肪酸が皮膚の雑菌によって分解されて生じる臭いです。そして、アポクリン腺は毛穴に沿って位置しているのです。そこで、脱毛レーザーで毛根ごと破壊してしまうことで、臭いを減らすことができるのです。

医療脱毛レーザー治療は、1回5分程度を3回程繰り返します。レーザー脱毛は、1回の照射で直径10ミリ~15ミリの範囲を処理できるので、左右合わせて5分程で脱毛は終わりますし、毛周期に合わせて2ヶ月ごとに1年施術すれば済みます。レーザーは、皮膚表面は透過するので肌を傷つけることもありません。

脱毛することで、悪臭の原因をつくる雑菌の居場所だった脇毛もなくなり、このことも臭いの軽減に役立ちますし、レーザーは毛穴の黒ずみを取り除く効果もあるので、美白にも役立つのです。

多汗症の治療も成果をあげる優良なクリニック

わきがや多汗症など、レーザー治療の症例実績が25万例以上というシロノクリニックは、多汗症も併発している患者さんも含め、わきがの患者さんを多く治療していますが、わきがに対しては医療レーザー脱毛治療で成果をあげています。

アポクリン腺を破壊する上、脇毛を脱毛して皮膚の雑菌の居場所もなくし、しかも皮膚を傷つけることなく、毛穴の黒ずみを取って美白効果もあるので、おすすめのクリニックです。

以上、わきがや多汗症などレーザー治療の症例実績が25万例以上というクリニックの名医の治療法とは?…でした。

デオトラントグッズでわきがケア

PAGETOP
Copyright © びしゅうらぶ All Rights Reserved.