びしゅうらぶ

わきがは手術で根本的に治療をすることができます。わきがの臭いで悩んでいるという人にぜひ考えてほしい治療法なのですが、保険が効くか効かないかによって料金が大きく変わってきます。わきが手術の保険について紹介していきます。

わきが治療には保険が上手く適用されるのか?

わきがはアポクリン腺という腺から臭いが出ることによって起こるのですが、これに対して臭い対策をしていてもなかなか根本的な解決にはつながらないことがあります。
そういった時に効果的なのは手術によってアポクリン腺を切除、もしくは分解するということです。
保険の適用がされるかどうかが気になるところですが、どうなっているのでしょうか?

わきが保険適用の有無をクリニックや病院で確認しておこう

わきが手術の保険適用の有無についてわきが手術では保険が適用される病院やクリニックもあれば、保険が適用されないクリニックもあります。
保険適用が期待できる手術としては、アポクリン腺をメスを使って切除するという手術です。
保険が適用されるかどうかによって、費用的な負担が大きく異なってきます。
保険が適用されない自費診療の場合には、両わきで平均して25~30万円程度の費用負担が必要となってきます。
これが保険診療になってくると負担割合は3割負担ということになり10万円を切る値段で手術が受けられるということになります。
Aクリニックでは「これは保険適用にならないケース」と判断された場合でも、Bクリニックでは「保険が適用される」ということになる場合もあるので費用面で安くしたいという場合には、いくつかの病院で料金を確認して保険が適用できるかどうかを知ることが大事になってきます。

わきが汗が出るアポクリン腺を切除する

保険適用ができる手術とできない治療があるわきがの手術、治療方法にも色々とあり、保険が適用できる方法もあればできない方法もあります。
メスを使ってアポクリン腺を切除するという方法では保険適用ができる場合もあるのですが、超音波で汗腺を分解するという超音波手術の場合には保険が適用されずに自費診療となります。
超音波手術はメスを入れてアポクリン腺を除去するという従来型の手術に比べ、アポクリン腺を分解するという方法なので、手術時の出血がほとんどなく、血腫などができてしまう恐れもありません。
わきの回復も早く、後遺症が残りにくいというメリットがあります。
ただ保険適用はできないために、切除するといった方法と比べると費用面がかかってくるということにはなります。

手術によって完治できるのかどうか保険が適用されるのかどうかということにあわせて気になるのが、手術で完治できるかどうかというところだと思います。
メスを使って切除する、超音波で分解するという両方の方法ともに、わきがを出す原因であるアポクリン腺を徹底的に除去するので、その後は完治して再発をすることはありません。

わきがの手術で悩みから解放される喜び

わきがで悩んでいるという人は一度手術を受けると、その先はずっと悩みから解放されることができる時代になってきているので、手術を受けることで根本的に治すということを視野に入れてみても良いと思います。
その際に気になる費用面を抑えたいというのであれば、アポクリン腺を除去するという方法を選択すること、そして保険適用ができる病院を探すということが必要となってきます。今はネットなどで病院の情報が得られるようになってきているので、そういったものも活用してベストな病院選びをしてくださいね。

以上、わきが治療には保険が上手く適用されるのか?…でした。


投稿日:2017年1月20日 更新日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.