びしゅうらぶ

わきがの嫌な臭いを抑えるのがわきがボトックスと言う治療法です。わきの臭いが気になる、周囲の人に嫌な顔をされた、大量のわき汗が出て困っていると言う方は注目です。わきに注入するだけで簡単など、いろいろなメリットがあるためここから詳しく紹介していきます。

気軽に悩み解消が期待できるわきがに対するボトックス効果とは!?

わきがボトックスってどんな治療法?

わきがボトックスとはわきへの製剤注入により、臭いの元となる汗の分泌を抑えると言う治療法のことを言います。ボツリヌス菌から抽出されるタンパク質、ボツリヌストキシン配合の製剤を使用します。ボツリヌス菌は食中毒を起こす菌ですが、毒素は取り除かれておりわきに注入しても安全安心です。

わきがにお悩みの方は勿論のこと、多汗症の治療にも有効です。わきがのお悩み解消するにはエクリン腺やアポクリン腺を手術によって取り除くと言う治療法もあります。

しかし手術と言われると抵抗を感じることがありました。そんなときでもわきがボトックスなら注入するだけ、気軽にわきがのお悩み解消が期待できます。

わきがボトックスはどこで受けられる?

わきがボトックスは美容外科クリニックなどで行われています。まずは美容外科クリニック選びから始めます。

手術では無い注入療法とは言え、なるべく実績の多い美容外科クリニックを選びたいところです。美容外科クリニックのホームページにアクセスし、どの場所にあるのか、料金は幾らかかるかなどを調べておきます。他の治療法と比べるとわきがボトックスの料金は比較的安めです。

しかし効果の持続期間に限りがあるため、効果が切れるたびに受けることが必要です。そのため料金は安いほうが有りがたいのですが、あまり安すぎるのでは不安感が高まってしまいます。

安価な製剤を使用されると後で問題が起きかねないので、安すぎず高すぎずバランスの取れた美容外科クリニックを選ぶと良いでしょう。

わきがボトックスの流れはどうなっている?

気になる美容外科クリニックが見つかったら、まずはカウンセリングを受けます。

わきがボトックスのメリットやリスク、料金、治療時間、他の治療法などの説明を受け、納得できたら治療を始めて貰います。注入する前にまずは痛みを和らげるための麻酔を行います。麻酔クリームや麻酔シール、局所麻酔などいくつかの麻酔があります。麻酔の効果が出始めてからボトックス注射を行います。

片わきなら5分程度とすぐに終了、3日から4日ほど経つと汗の量が少なくなります。腫れや赤みが出ることがありますがしばらく期間が経つと自然に治まります。

半年ほどで効果が切れてくるため、効果を持続させたいときは半年後にもう一度ボトックス注入を受けます。1年中効果を持続したいときは1年に2回の注入が必要です。手術では無いためすぐに日常生活に復帰できるわきがボトックスは手術では無いためダウンタイムが短いと言うメリットもあります。

ダウンタイムは術後から復帰できるまでの期間です。社会に出て働いているときにダウンタイムが長すぎるのでは困ることがありました。日常生活にも支障が出てしまいますが、わきがボトックスならすぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。治療時間も短いために身体への負担も軽いです。

安全性の高いボツリヌストキシン製剤なら注入後の副作用の心配も殆ど無いです。その代わりに比較的軽度中度なわきがに向いており、重度な場合は手術で取り除いたほうが良い場合があります。

以上、気軽に悩み解消が期待できるわきがに対するボトックス効果とは!?…でした。


投稿日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.