びしゅうらぶ

忙しい毎日、多くの人がシャワーで済ませる傾向にありますが、入浴方法によってはわきがの臭いに大きな影響を与えます。それは入浴時にかく汗の量が違うからです。なぜ汗の量がわきが臭に関係してくるのかを知ることは臭い対策にも繋がるのです。

汗の量とわきが臭による入浴の関係を知りたい!

湯船でゆったりとしたお風呂で癒される

お風呂に入る時、あなたはシャワー派ですか、それとも湯船派ですか?忙しい現代社会、多くの人が時間もお金も節約できるシャワーで済ませる傾向があります。

しかし、私たちの健康を考えると、シャワーよりも湯船での入浴の方が、体にとっては良い影響があるのです。

そして健康だけでなく、体臭の予防にも繋がります。特に臭いの強いわきがの人には、湯船での入浴が臭い対策にとても有効とされています。

それは体臭には体調の善し悪しが深く関係してくるためですが、なぜシャワーよりも湯船の方が良いのか、体臭と入浴について詳しく説明していきましょう。

体臭、わきが臭がなぜ臭うのかご存知でしょうか。

臭いの原因は、汗の成分と細菌にあります。私たちの皮膚には、常在菌が存在しています。それは外部から、ウイルスなどの侵入を防ぐための、バリア機能として必要なものです。しかし、その細菌は汗の成分を栄養分として増殖します。

汗には、エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る2種類の汗がありますが、汗そのものは無臭です。汗をエサにして、細菌がどんどん増えていくわけですが、この時、汗成分を分解する際に発生するのが、体臭、わきが臭なのです。

主に体温調節などが役割のエクリン汗腺、そしてわきが臭の原因とされているのがアボクリン汗腺からかく汗です。そして、2種類の汗には、それぞれ異なった細菌が増殖します。一般的に汗臭い体臭とわきが臭の臭いに差があるのは、汗と細菌の種類が違うからなのです。

湯船がわきが臭に有効な脇臭いのメカニズムがわかったところで、それがなぜ入浴に関係してくるのか。

それは、わきが臭の原因が汗と細菌だからです。わきの下には皮脂腺や汗腺、毛穴がたくさんあります。汗や皮脂が混ざり合い、それはやがて角栓となり毛穴を塞いでしまいます。

汗や皮脂だけでなく、臭いの予防対策に使用したデオドラント商品も、毛穴詰まりの要因にも繋がります。

汚れや古い角質が残ると、それをエサに細菌が増殖するのです。この汚れや古い角質は、シャワー入浴では簡単には落としきれませんが、湯船にゆっくり浸かることでそれは改善することが可能です。

湯船に浸かると、大量の汗とともに毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせることができるからです。

ターンオーバーのくずれは悪臭を放つ可能性大!

汚れや古い角質によって、肌は正常なターンオーバー(肌の新陳代謝)が行われなくなります。それは顔だけではなく、わきの下の肌も同じことです。

わきの下の肌状態が悪くなると、やがて肌乾燥に繋がります。乾燥すると、皮脂は乾燥を防ぐために過剰に分泌し、わきの下はいつも湿った状態が続きます。

すると、細菌も増殖するので、結果わきが臭に繋がるのです。湯船での入浴は体を温め、体の免疫機能に深く関係してきます。

健康を維持するには、免疫機能の向上は欠かせませんが、それは肌健康も同じです。体調が良好であれば、肌のターンオーバーも正常に保つことが可能だからです。

汗をかく強い悪臭を放つ可能性を語る

汗の量と疲労物質シャワーでの入浴でかく汗の量には限界があり、湯船にしっかりと浸かってかく汗の量にはまったく及びません。

汗をかく機会が少ない、もしくはかく量が少ないと、体の中には乳酸と呼ばれる疲労物質が蓄積します。ストレスや疲労による汗には、アンモニアや乳酸が多く排出されるため、強いわきが臭の要因になるのです。

入浴する目的は体を清潔に保つことの他に、体をリラックスさせる効果があります。湯船に浸かることで血行が促進されると、脳からα波が出るためストレスなどの軽減効果に繋がるのです。

血流が良くなると、酸素や栄養素なども内臓や筋肉に速やかに運ばれるので、体内に滞っていた様々な老廃物も排泄されやすくなります。

排泄機能が高まると、体内に古い老廃物が少なくなるので、体臭にも大きく影響してくるわけです。以上のように、湯船に浸かりしっかりと汗を出す入浴は、わきが臭に高い効果があります。

一日の終わりに、心身ともにリラックスできる湯船での入浴方法、毎日の生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。


投稿日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.