粉末の酸素系漂白剤でわきが臭を消す洗濯を試みる

わきがは、汗が衣服に染み通ることでニオイが衣服にも移ってしまいます。
だから、ニオイ対策としては、衣服からニオイを消すことも大切です。
しかし、わきがが染み込んだ衣服は何度洗濯しても、なかなか消臭できません。
本当に困ったことですが、衣服を捨てるわけにもいきません。
そこで、今回は、わきがが染みついた衣服の洗濯について、お話しします。
アルカリ性の洗剤で洗濯を!わきがの原因は、わきにあるアポクリン汗腺から出る汗と、皮膚に棲みついている雑菌です。
アポクリン汗腺から出る汗に含まれているタンパク質や糖分を、皮膚の雑菌が栄養分として分解するときに、あの嫌なニオイが発生します。
その汗が衣服にも移ることで、雑菌とともにニオイが衣服に移るのです。
そして、このニオイは酸性の性質を帯びていますので、洗濯に使用するときの洗剤は、酸性の洗剤よりもアルカリ性の洗剤の方が、消臭の点で効果が期待できるということになります。

塩素系の漂白剤で除菌や消臭効果を生み出そう

洗濯の際には、アルカリ性の洗剤(多くの粉末洗剤)を使うようにしましょう。
しかし、洗剤だけでは十分にニオイを解消することができないかもしれません。
その場合には、洗濯の前にぬるま湯などに浸けておくことなども一つの方法ですが、さらに効果を期待したい場合には、漂白剤を使うことをお勧めします。
塩素系漂白剤は、ちょっと面倒かも!漂白剤にもさまざまなものがあります。
一番効果が期待できるものは、塩素系の漂白剤です。
塩素系の漂白剤は、除菌や消臭効果が抜群です。
しかし、色落ちを起こすこともあり、原液を使えば服の生地に穴が開くこともあります。
また、他の洗濯物と一緒に洗うことも避けたほうが無難で、洗濯後に塩素臭が残るのも気になるところです。
塩素系漂白剤は、効果は抜群ですがちょっと使いにくいといえます。
そこで、お勧めできるのが、アルカリ性の酸素系漂白剤です。

粉末の酸素系漂白剤でニオイや黄ばみをシャットアウト!

酸素系漂白剤には、液体のものと粉末のものがあります。
液体のものは酸性ですので、わきがの消臭効果を期待するなら、粉末の漂白剤(ほとんどがアルカリ性)の方がベストです。
この粉末の酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤に比べて効果は若干弱いですが、色物にも使うことができ、他の洗濯物と一緒に洗うこともできます。
だから、たいへん使いやすい漂白剤だといえます。
使い方は簡単です。
できれば、40度前後のお湯に20分から30分、浸けてください。
こうすることでニオイや黄ばみが消えます。
このあと、他の洗濯物と一緒にアルカリ性の洗剤で洗ってください。
重曹水を使う方法も!もし手元に粉末の酸素系漂白剤がない場合には、重曹水を使うのも一つの方法です。
500mlの水に対して大さじ一杯程度の重曹を入れてください。
約一晩つけておけば、ある程度の効果は得られます。
ニオイが強烈な場合には、重曹水に浸けた後、酸素系漂白剤(粉末)を使い、そしてアルカリ性の洗剤で洗濯をすればOKです。
わきがの原因である汗と雑菌の対策も!わきがのニオイはなかなか消えにくいものです。
しかし、手間はかかりますが、粉末の酸素系漂白剤やアルカリ性の洗剤によって消臭することはできますので、諦めずに洗濯してください。
また、ニオイそのものの対策としては、わきがの原因である汗を抑え雑菌を殺菌するデオドラントをクリームなどのケア商品もありますので、これらの利用も選択肢の一つです。

以上、粉末の酸素系漂白剤でわきが臭を消す洗濯を試みる…でした。

デオトラントグッズでわきがケア

PAGETOP
Copyright © びしゅうらぶ All Rights Reserved.