びしゅうらぶ

「ワキガ」なら知ってるけど「すそわきが」って何?もしかしてこの臭いってすそわきがなの?まだまだ認知度の低いすそわきがですが、体質や遺伝的要素がある為、気になる方はその特徴を知り正しいケアをしていきましょう。男性よりも女性に多いすそわきが、気になる場合は一度医療機関受診を!

衝撃の『すそわきが』の正しい知識と対策を知ろう!

すそわきがってご存知ですか?

「ワキガ」については一般的にも認知度が高い為、意味はそれほど分かっていないとしても、言葉を知らないという人は少ないのではないでしょうか?

それに対して「すそわきが」という言葉、いったいどれ程の人が認識しているのでしょうか?

『すそわきが』とは、医学的用語では「外陰部臭症」と呼ばれています。

「わきが」という言葉がつく事や、臭という漢字から、おおよその意味は見当がつく方もいらっしゃると思いますが、ワキガ同様に、陰部より独特の臭いを発生させてしまう症状です。

「わきが」であると判明した場合、大変大きなショックを受けると思われますが「すそわきが」であるという事実は、更に大きなショックを受けるものと容易に想像がつきます。

特に女性であれば、その衝撃は多大なるものであり、心に受ける傷は大きいといえるでしょう。

すそわきがの起こるメカニズムとは?

人間の身体には「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺と、もう1つ皮脂を分泌する為の「皮脂腺」があります。

メカニズムとしては「ワキガ」と同様であり、汗腺の1つである「アポクリン腺」が大きく関係しています。

「アポクリン腺」は、主にはワキにある事は有名ですが、他にも陰部・耳の中・乳首の周辺・へその周辺等にあるといわれています。

「エクリン腺」から出る汗がサラッとしているのに対し、「アポクリン腺」から分泌される汗は、どろっとしていて白っぽい事が特徴であり、よく白いTシャツのワキの部分が黄色いシミになってしまうのも、これが原因しています。

本来汗自体は無臭なのですが、「アポクリン腺」から分泌される汗には、脂質や尿素・アンモニア等の物質が含まれており、毛根で繋がる「皮脂腺」から分泌される脂肪酸と混じり合い、更に皮膚にある「常在菌」により分解される事で、独特の臭いを発症するのです。

これが外陰部で起こるのが『すそわきが』というわけです。

すそわきがの臭いの特徴とは?

よく「ワキガ」の臭いの例えとして「使い古した雑巾のような臭い」であるとか「香辛料のクミンによく似た臭い」とか、「鉛筆の芯のような独特の臭い」更には「鼻をつくお酢や玉ねぎのようなすっぱい刺激臭」等、色々な表現があります。

どれも感じ方は人それぞれである為、どれが正しいかはわかりません。

しかしながら、1度その臭いを知る人には、どこにいても「ワキガ」の臭いには気づくというように、特徴的でとても強い刺激臭である事は確かと言えるでしょう。

またその臭いの強さも人それぞれであり、近くにいてもあまりわからないという人から、離れていてもその部屋中臭いが漂っていたり、そのあまりの刺激臭で気分が悪くなるという程強い場合までいろいろです。

ただし、すそわきがの場合、尿や下着による蒸れ、女性の場合には生理による経血・おりもの等、様々な物質の臭いと混じり合う場所である為、実際の臭いは「ワキガ」とは多少異なるともいわれています。

体質もありますが、「アポクリン腺」の数は人により異なる為、「ワキガ」を発症している場合には同様にアポクリン腺」が多い為、「すそわきが」も同時に発症している場合が少なくないといいます。

部位はわからなくとも、独特の臭いが気になったり、親族に同様の人がいる場合には、遺伝的に発症する場合も多い為、症状を確認してみる事をおすすめいたします。

わからない方は、一度専門の機関にご相談されると診断が早いといえるでしょう。

男性よりも女性に多いすそわきが

「すそわきが」は、男女ともに起こるとされるものですが、割合としては男性よりも女性に多いといわれています。

こんな事を聞くと、「もしかして!」とショックを受ける女性も多いかもしれませんが、この「アポクリン腺」から分泌される匂いは、もともと異性を引き付ける為の「フェロモン」であるといわれており、このフェロモンが男性よりも女性に多い事からも、納得できるといえるでしょう。

また女性の場合、生理がある為、ホルモンのバランスによっても、その臭いは強くなるといわれています。

下着や生理中のナプキンによって、過剰に蒸れる事も影響しているようです。

ただし注意が必要なのが、別の要因で臭いを発症している可能性がある事です。

臭いに気づき、単純に「すそわきが」と思い、市販の外用薬等で症状を緩和させていたら、実は婦人科系の病気を発症しており、それが原因で起こっていた臭いだった、というケースがあるようです。

その特徴としては、急激に臭いがきつくなったり、おりものの量が増える、おりものに血が混じる、何とも言えない悪臭がする、等が実際に報告されているようですが、素人では判断もつきにくい為、早めに専門機関を受診するのが望ましいでしょう。

結局検査をしたら「子宮がん」だったという場合や、他にも子宮内膜症・細菌性膣炎・淋病等の病気も潜んでいる可能性がある為、注意が必要と言えるでしょう。

場所が場所である為、なかなか勇気が出ないというのが多いと思われますが、病気を知る上では早いに越した事はありません。

一人で悩んでいないで、誰かに相談できるといいですね。

今後のすそわきが対策と治療法について

原因がはっきりとし「すそわきが」であると判明した場合、そのショックで大きなストレス受ける事と思いますが、最近ではよい化粧品や、効果的なサプリメント等も沢山出ている為、悲観せずに正しい対処で乗り切っていきましょう。

どうしても治療したいという場合には、いくつかの治療法があります。

部位や度合いによっても異なる為、まずは医療機関でご相談されるとよいでしょう。

どちらにしても、人生を前向きに生きていく為に必要なものであるならば、それはその人にとって重要である為、検討されるとよいでしょう。

治療を行わないまでも、気を付けられる事は沢山あります。

日常生活の中で症状を軽くできる事も沢山ある為、しっかりと知識を得て、自分に合った方法で解決していけるとよいですね。

以上、衝撃の『すそわきが』の正しい知識と対策を知ろう!…でした。


投稿日:2017年1月20日 更新日:

Copyright© びしゅうらぶ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.