トピックス

子供の運動会に行く前にわきがケアを!人ごみでもニオイに悩まない方法

投稿日:

子どもの運動会と言った学校イベントでは親の清潔感やマナーが重要。ですが、忘れがちな「ニオイ」にも注意することが大切です。

子供の運動会に行く前にわきがケアを!人ごみでもニオイに悩まない方法

人が狭い空間に集まるイベントなので香りが与える印象は思っている以上に大きくなります。

5月や10月は運動会の季節。真夏ほど暑くはないけれど、人が密集するイベントです。親は子どもの運動会に参加する時にどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

子どもの運動会は親同士の交流の場!気をつけたいマナー

子どもの運動会に参加する時にどんなことに気をつけていますか?親同士が至近距離で交流する場なのでいつも以上にマナーには注意が必要です。

例えば、「場所取り」。良い位置で子どもをビデオカメラに収めたいからと早い時間から場所を陣取ったり、割り込みをしたりするのはマナー違反です。
他には「日傘」の扱いにも注意。暑いから、日差しが強いからと言って日傘をさすと後ろの人は競技が見えにくくなります。運動会の場合はサンバイザーや帽子で日差しをカバーしましょう。

そして最も迷惑なのが「うるさい」ことです。自分の子どもの出番以外にうるさくおしゃべりをするのは他の保護者のことを全く考えていない行動。「○○ちゃんのお母さんは…」と言われないように周りの人のことを考えて行動しましょう。

運動会でわきが?思わぬところに「ニオイ」の問題

子ども運動会は実はわきがの親にとっては悩みの多いイベント。「子どもの応援はしたい、でも周りの人にニオイに気付かれたら嫌」という葛藤から腰が重い人もいるのではないでしょうか。

わきがのニオイのもとは、アポクリン汗腺から分泌される皮脂やタンパク質の多く含まれた汗です。この汗を肌表面の悪玉菌が分解することで発生する独特のニオイがわきがのニオイ。運動会などの汗をかきやすいイベントは特に念入りに汗のケアをして出かける必要があります。

具体的には、「弱酸性のボディーソープでやさしく体を洗う」「制汗剤をつける」「デオドラントクリームを塗る」などが効果的。できる準備はきちんとした上で出かけましょう。

学校イベントでは親子ともに身だしなみに十分気をつけよう

運動会に限らず学校イベント全般の主役は子どもですが、親の身だしなみは常に周りにチェックされています。だらしない恰好や不潔な格好をしていると子どもにまで悪い印象を持たれてしまいます。出席する以上は清潔感のある服装や身だしなみが不可欠です。

親が身だしなみを整えていれば子どもも自然と真似をしてくれるはず。ちょっとしたことでせっかくのイベントが嫌な思い出にならないように気をつけましょう。

学校イベントで大切なのは「みだしなみ」。さらに子どもの運動会など人が密集しやすいイベントは見た目だけでなく香りの清潔さも重要です。わきがの場合は悩むところですが、華美な香りをまとう必要はありません。適切なわきが対策をして気になるニオイを押さえましょう。

-トピックス

Copyright© びしゅうらぶ , 2018 AllRights Reserved.